こんにちは。『消毒パパの楽しい除菌生活』の消毒パパです。

今日は「手ピカジェルと手ピカジェルプラスの”使用感”の違い」というブログです。

手ピカジェルと手ピカジェルプラス違い

おそらくこの『消毒パパの楽しい除菌生活』の読者の皆さんも、「携帯用消毒グッズ」として手ピカジェルを愛用なさっていると思います。

私もほぼ毎日愛用していますし、手ピカジェルはこれからもきっと欠かせない「携帯用消毒グッズ」だと思います。

しかし「手ピカジェル」(ピンクの蓋のものですね)は使ったことがあるものの、「手ピカジェルプラス」(黄色の蓋のものですね)は使ったことがないなあ…というかたもいらっしゃると思います。

今日は「手ピカジェルと手ピカジェルプラスの”使用感”の違い」について書いてみます。

我が家は従来より「手ピカジェル」(ピンクの蓋のものですね)を愛用していました。

ある年に「ノロウィルスが猛威!!」ということになり、新たにその対策として「手ピカジェルプラス」(黄色の蓋のものですね)を買ってみた、というわけです。

メーカーである健栄製薬さんのホームページに、「(手ピカジェルプラスは)pHを弱酸性にしてエタノールの殺菌効果をアップ」した、という説明が書かれています。違いとしては従来の「手ピカジェル」は中性だったそうです(そうだったんだ…)。

ということで予防的な意味で「手ピカジェルプラス」(黄色いほうですね)を購入しましたが、使ってみて、違いといいますか2つの気づきがありました。

(1)ジェル(内容物)が「手ピカジェル」に比べてサラサラしているので、ドバっと出る!!!

いままでの「手ピカジェル」と同じリズム(笑)でピュッと出そうとすると、ドバ~っ!!と出ますので、高級な服を着ていたり、お子さんに渡しっぱなしのかたなどは注意したほうが良いと思います。これが違いの一点目。



(2)黄色いほうはフタが固い!!!

いままでの「手ピカジェル」と同じリズム(笑)でフタを開けようとしても開かないくらい、黄色いほうはフタが固いです。お子さんが「開かないよ~」と言っても、それ本当ですので、叱らないでくださいね。

で、じつは我が家では「手ピカジェルプラス」ではなく「手ピカジェル」のほうをますます愛用することになりました…。

今日は「手ピカジェルと手ピカジェルプラスの”使用感”の違い」というブログでした。いつも『消毒パパの楽しい除菌生活』をご覧いただき、ありがとうございます。

◎手ピカジェル、手ピカジェルプラスは指定医薬部外品です。用法用量を厳守してください。

≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧

「消毒パパの楽しい除菌生活」について

消毒・除菌好きな主夫のブログです。あっ!気がついたら除菌していた!消毒や除菌、消臭、殺菌などについて気ままにつづります。なお本ブログ「消毒パパの楽しい除菌生活」は主夫という「一生活者」としての日記になっています。私は医者や薬剤師(医療従事者)ではないので、その点はご了承ください。

文責:消毒パパの楽しい除菌生活

≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧